女の人

気持ちの変化で楽になれる

笑顔の女性

うつ病になったとき辛い症状が毎日のように襲ってくるため、それを克服していかなければいけません。それには第一に病院での治療が優先で、それと同時に徐々に意識をいい方向へ変えていくことも必要です。うつ病の人は否定的な考えから前に進むことができませんが、これを正反対に捉えていくことも克服の1つなのです。

» 読んでみよう

5つのストレスに注意する

相談

うつ病克服のためには、5つのストレスに注意することが大切です。肉体的・精神的・化学的・構造的・環境的のそれぞれ5つのストレスの総量が個人のストレス許容量を超えないように注意することで、うつ病の予防・克服が可能となります。

» 読んでみよう

完治が可能な病です

観葉植物

医師の選択も重要です

うつ病は現代病と言われる事もありますが、患っている人は相当な数に上っています。現在もうつ病を克服しようとして取り組みを行っている人が各地に存在します。うつ病は治る病気としての取り組みを多くなっています。その事をまず認識して、家族や周囲の人も協力体制を敷いて克服する事が重要になります。加えて、重要な働きをするのが精神科や精神内科の医師という事になります。うつ病を患っている時には、本人にとっては病院や医師の適格な選択も難しくなる事があります。できるだけ家族が、本人の様子などを確認しながら病院や治療法を選択できる方向に向かわせるのも治療前のステップです。カウンセリングの時間に多くを割き、一緒にうつ病を克服していきましょうという姿勢をもった病院や医師を選択する事が大切なポイントです。治療方法の中には定期的なカウンセリングを行ったり、場合によっては入院処置がとられたりする事などもあります。必要と判断されれば複数の種類の薬が処方される事などもあります。うつ病の場合には睡眠障害に悩まされる人たちも多く存在します。病気に作用するお薬以外にも睡眠導入剤などが処方される事などもあります。医師はその人それぞれの状態に応じた処方を施してくれますので、暫くの間は医師の診断に従って動く事も大切です。中にはお薬を複数服用するなどを行いたくない、入院を望まないといううつ病患者の人もいます。この様な場合には本人、あるいは家族がその旨を申し出て医師に相談する事もできます。どうしてもお薬が必要な場合、あるいは入院が必要な場合もあります。うつ病を克服するために必要な内容であれば理解が得られるまで、あるいは他の方法について説明をしてくれる医師もいます。一緒に考えて行動してくれる医師を選択する事が大切です。

家族からの対処も必要です

うつ病を克服するためには複数回、あるいは多数回の通院が必要になる事もあります。お薬などが処方される場合もありますが自己判断でお薬の量を減らしたり、服用を止めてしまったりする事はよくありません。医師は克服に向かうまでの経過観察も行っています。病気の特徴として気分がめまぐるしく変化する事や、一時的に抑えなければならない症状の場合もあります。必要量が処方されていますので用量を減らしたり、服用を中止する希望がある時には医師に相談したりする事が重要です。お薬を上手く活用する事で克服段階に至る場合もあります。症状の逆戻りを発生させないためにも、医師との相談が必要になります。うつ病を克服するためには家族の協力も必要になります。家族の注意すべき点としては病気をあまり悲観し過ぎない見方、接し方も大切な要素になります。本人は病気で苦しんでいますが、家族にもその辛さが伝わる事はあります。普段の日常生活についても営んでいく必要があり、家族が二重に頑張る必要性が生じるケースもあります。うつ病は適切な処置によって克服できる病気である事を認識し、焦らずに一緒に対処していく事が必要になります。長期的な治療が必要になるケースもありますので、先延ばしにできる内容は無理をせずに行って生活する工夫ができます。一度に全てをこなそうとせずに一つずつを積み重ねていく感覚を身につける事が大切です。言うまでもなく、うつ病を患っている本人にも急かす事がない様な配慮が必要になります。

無理のない生活で改善

医者

うつ病の治療をサポートするのに有効な、比較的やさしい克服方法はあります。多くの精神病はちょっとした生活習慣の工夫により、医師から受ける治療をうまくサポートをする事もできます。効果的な治療を継続させる事でうつ病を克服し、病気とうまく付き合う生活を送りやすくなります。

» 読んでみよう