笑顔の男性

5つのストレスに注意する

相談

5つのストレスに注意する

うつ病克服のためのポイントですがうつ病は様々な原因が複雑に絡み合って起こるケースがあります。そのような場合、原因の究明は簡単ではありません。うつ病の原因が明らかな場合も、それを取り除くのが難しいケースもあることでしょう。例えば、会社で強くストレスを感じる人の中には、会社内で重要なポストについている人がいます。そのような人は簡単に職場を変えらません。また重要なプロジェクトを任されている人も同様です。これらの人にとって、環境改善は非常に難しいと言えるでしょう。原因が複雑に絡み合っており、何が直接的な原因かわからない場合も環境改善は難しいものです。そこでそのような人達を対象に、うつ病を克服するためのポイントについて紹介したいと思います。うつ病の原因は基本的にはストレスです。そして、ストレスは大きく5つに分けることが出来るのです。まず「肉体的ストレス」です。肉体的ストレスとは、肉体的苦痛から生じるものです。肉体疲労やケガ、病気、その他の何かを原因として肉体的苦痛を感じることで交感神経の働きが高まるのです。それが自律神経のバランスを乱すことで、常にストレスを感じている状態に身を置くこととなります。それが長期化することでうつ病を発症するケースは少なくありません。次に「精神的ストレス」です。これは肉体的ストレスと同様に、鬱病の原因としてはポピュラーなものです。主にストレスといえば精神的ストレスを連想する人もいるでしょう。精神的ストレスは最も自律神経のバランス乱すため、鬱病の直接的な原因となります。

ストレスは同時に起こる

そして「構造的ストレス」です。構造的ストレスとは、身体のゆがみから起こるストレスです。これは無意識のうちに積もっていくストレスと考えられます。ストレスは無意識化でも溜まっていき、許容量を超えることで精神疾患を発症します。構造的ストレスの自覚がある場合は、それを改善するだけで鬱病を克服できる場合もあるでしょう。「化学的ストレス」もあります。化学的ストレスとは主に摂取する栄養素のことです。ある栄養素を過剰に摂取したり、必須栄養素が不足したりすることを化学的ストレスと呼びます。心身をつくるのは栄養素であることを考えれば、化学的ストレスが溜まることで心身のバランスを乱すのは当然のことです。うつ病だけでなくあらゆる病の予防・克服のためには、バランスよい食生活を心がけることが大切です。また「環境的ストレス」というものもあります。環境的ストレスとは温度・湿度・気温・天候などに加え、騒音や大気状況に左右されるストレスです。それらが全て快適なレベルである場合と、その真逆である場合とではストレスの量が大きく異なります。これもうつ病の原因となるため注意が必要です。これらの5つのストレスは全て同時に起こると考えられます。日常生活において、どれか1つだけ起こるということは考えにくいからです。そして、この5つのストレスの総量を個人の許容範囲内に収めることでうつ病をはじめとした精神疾患を予防・克服することができるのです。例えば環境改善が難しい場合には5つのストレスのうち、可能なものから改善してみてください。そうすることで少しずつ症状が回復していく可能性があります。