笑顔の男性

無理のない生活で改善

医者

時間をかけて少しずつ回復

現代病とも言われる精神病の多くは私たちの生活におけるストレスやフラストレーション、コンプレックスや人間関係など複雑な要素が絡み合い、時間をかけて発症させます。仕事をしながら子育てをしなければならないとか過度な労働・モラルハラスメントなどの職場での強いストレス感もうつ病の原因となりやすいテーマです。また、近年では家族の介護疲れなどもうつ病の原因として浮上しやすいテーマにもなっています。この他にも産後うつといった一見幸せそうにさえ見えるテーマにより、うつ病が発症してしまう事さえあります。いずれにしても現代人には目に見えないストレスや幸福感、難しい人間関係が因果関係として複雑に絡んでいます。こうした社会状況の中から年々うつ病の解決方法も複雑化している事は、事実であるとも言えるでしょう。極端な話ですが、普通の人であれば例えば「昨日までひどい職場いじめを受けていたものの、今までの事は忘れて今日からは普通通りに生活を」などというように、スイッチのオンオフをするかのような極端な切り替えはできるはずがありません。会社では利益向上のためなどと無理に要求される事があるかもしれませんが、普通の人間であれば機械では無いため短期間での気持ちの切り替えはできないか、かなりの重荷になるのは当然の事です。上記は少し極端な例ですが、このような事情が何度も繰り返され、時間をかけて精神的な重荷がたたってうつ病を発症させてしまいます。精神病の克服をするためには、少しずつ分厚い氷を溶かしてゆくように時間をかける事が大切であるとも言われます。また、自分らしい生活や自分にあったスタイルの習慣を取り戻していく事も重要なポイントです。少しずつ交友関係や趣味などの充実感を高めて「Quality Of Life・生活の質」を高めるための工夫をする事も克服のためには重要なポイントだと言えるでしょう。

周囲の信頼関係も大切に

うつ病をはじめとする、多くの精神病の原因となる要因として人間関係を挙げる事ができます。発症する原因としては一般的にはコンプレックスやモラルハラスメントなどといった複雑な精神の内面に触れるため、相談をすると周囲から敬遠されてしまう事があります。人間なら誰でも健康で健やかに毎日を過ごしていたいためこうした精神的な、いわゆる「重い」話題は面倒なつまらない話題で、真剣に相談に乗ってもらいにくい話題でもあります。そのため友人間で相談を持ちかけても、面倒な人だと思われてしまう他、異常に神経質過ぎるのではなどと間違ったレッテルを張られてしまい誤解を受けてしまう場合も少なくありません。そのため、うつ病の克服の場合には信頼のおける人や難しい相談に乗ってもらう事ができる家族などを味方につけて、信頼関係のある人との生活を心掛けるのは非常に有効です。また精神病の多くは人間関係の不信感や、家族との軽薄な信頼関係が因果関係として発症する場合があるとも言われています。医学書でも家庭環境や家族との関係性について詳しく触れている文献もあります。こうした事情からうつ病の克服の場合はただ単に医師に相談して薬を服用したり治療を受けたりするだけでなく、家庭環境や職場環境などの人間関係にも注意するようにしながら克服のための治療サポートを続ける事はとても大切な事なのです。また全ての精神病の治療に有効な方法として「休養」を多く取るというものもあります。休養は人間の生活において必要不可欠な時間であり、仕事のクオリティを高める為にも意義のある時間です。家族との信頼関係や休養を大切にしながらゆっくりと少しずつ無理のない治療を続ける事で病気とうまく付き合う事ができ、なおかつ克服に繋げる事ができるでしょう。